Home > スポンサー広告 > 初洗い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

うき URL 2008-10-23 (木) 16:34

こんにちは、はじめまして。
ラベリーから着ました。
マジャクラフトの紡ぎ車、良いですよ~、メンテナンスがほとんど要らないので。

フェルト化を心配されているようですが、写真で見る限り、フェルトになってませんよ。
フェルト化するとがちがちで指で解すのが辛いくらいです。
もし、クリンプスを完全に残したいのなら、グリージーの時に一つづつ抜いて、ざる等に並べて触らず洗うっていう方法があります。
ポンタさんの本の洗い方ではどうしても沢山触ってしまうのでクリンプスは解けやすいし、フェルト化し易いと思います。
どの方法が一番ってことは無いので、他の方の洗い方も知るといいかも、ですよ。
お察し通り、練りモノゲンは合成洗剤です。
脂落としは一番有効とスピナッツにありました。
昨年のスピニングパーティーではサンダーレッドという粉石けんが出ていました。脂の落ちがよいすです。アルパカ牧場さんが使っているらしいですよ。
お湯の温度、羊毛の脂の量で設定します。
熱いと毛のダメージが大きいし、低いと脂が落ちずらく、染色をするときに色が入りません。
兼ね合いが難しいです、メリノなんて私には洗えません。
すすぎ時のクエン酸も効果ありだそうです。
私は粉石けん派なのですが、羊毛洗いはモノゲン使っています。
ああ、長々とごめんなさい。

私の周りでマジャクラフトを使っているのが売主ともう1人しかしらなくて、嬉しくてついつい要らぬおせっかいをしました。
知れば知るほど奥が深くなって行きますよ、楽しんでくださいね♪

n URL 2008-10-23 (木) 18:58

はじめまして、うきさん。コメントありがとうございます。
フェルト化していないって言っていただけて、ほーっと胸をなでおろしました。そうか。。フェルト化してるとほんとに崩すのが辛いくらいになるんですね。
クリンプスを残す洗い方を教えて頂けてうれしい! でもやはり、それなりに手間がかかるのですねー。これからいろいろ試してみなくては。
合成洗剤は全部無条件にダメ!と思っているわけではないのですが(ケースバイケースだと思うし)、長年の習慣もあり、使うならば成分の詳細を知りたくて。今分かっているだけでも、説明によれば純せっけんと同じくらいの量を使うらしいので、それなら純でいいか…と今は思っていますが(純だって使いすぎたら意味無いですもんね)、少しずつ効果的な納得できるやり方を見つけていけたらと思ってます。
(ちなみにうきさんは何故羊毛のみモノゲンなのでしょう…?)

スピニングパーティのとき、サンダーレッドのパンフをもらったなあ、と探してきました。大豆油の純石けんなのか。。売りは低い凝固点ていうところでしょうか。大豆油石けんは未体験なので、いつか試してみたいです。
ん! サンダーのパンフに、羊毛洗いのときは、高めの温度でつけおき15分とあるのを見つけました。やっぱり中性じゃないのに羊毛を1時間以上浸けたら、ダメージ大きそうですね。

それから…紡ぎ車。うきさんのブログを拝見しました。同じです! まだ届いていないのですが。
青島さんのところに試しに行ったら、もう好きになっちゃって、どうしようもなかった。。もう少し悩むつもりもあったのに、即決でした。
今ですら、もう奥深さにおぼれそうになってます。気を付けないとは思うのだけど。わからないことが多すぎてまだ楽しい、て思えないくらいです。
あまり急ぎすぎず、楽しめたらいいなあと思っています。
これからもいろいろ教えて頂けたらうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

Comment Form

Home > スポンサー広告 > 初洗い

Home > spun and dye > 初洗い

初洗い

081021_01

グリージーをはじめて洗ってみた。
と言っても、ポンタさんのお試しパックを少しだけ。
鍋のなかみは、左:NZペレンデール、上:シェットランド、右:ジャコブ

はじめての糸紡ぎ」を参考に
・量が少ないので、染めの鍋を使用。
・羊毛の重さの5%の粉石けんを60度の湯に溶かし、フタをし、2時間ほど漬ける
・羊毛の水を切り、あらたに40度の湯で3%の石けん水を作り、少しずつ洗う
・3回すすいで、脱水(うちの洗濯機は量が少ないと脱水してくれないので、洗濯ネットにいれてベランダで振り回して脱水、結構水が切れるもんだ)
・普通に洗濯ばさみで挟んで干した。
・2時間ほどで乾いた。

今回洗ったのは、お試しパックのなかから、ポロワス、NZペレンデール、チェビオット、シェットランド、ジャコブ。ポロワスはびっくりするほど真っ白。あんなに黄色かったのに。チェビオットの脂は少し黄色いとこが残ってしまったみたい。…黄色い部分のある羊ってわけじゃないよね。。
ペレンデール、ジャコブは印象変わらず。シェットランドは一番印象が変わって、これ紡いでみたい!と思った。一番汚れてただけかもしれないけど。

どれもフェルト化はまぬがれたみたいだ。かたくはなってないみたい。
でも、洗う前は脂まみれでもクリクリと縮れていたり巻いていたり(クリンプ?)、それぞれ味のある見た目だったのに、脂を落としてさっぱりしちゃったついでにクリンプもかなりなくなっちゃって、なんだか残念だ。洗う前のほうがかわいかった。
これは洗い方が下手だからなんだろうか、そういうものなんだろうか。干すときに、早く乾くようにと広げすぎたのかなあ… うーん(あ! まさかこれがフェルト化?)

こんなにクリンプがなくなっちゃうなら、カーディングしてもいいか、という気になる。
(くりくりが可愛くもったいないのでカーディングしたくなかったの)

それから、今回は洗濯用粉石けん(純石けん)のみの使用だったので、アルカリに傾いたままでの乾燥となってしまった。少しきしむ気がする… 人毛と同じ扱いと考えていいのなら、最後にクエン酸リンスをして中和させたほうがよかったかもしれない。

参考にした「はじめての糸紡ぎ」には、洗剤として練りモノゲンを使用するとされていた。検索してみると、グリージーを洗う際には一番使われている洗剤らしい。
成分を知りたかったけど詳しいことがわからなかった(合成洗剤のようではある)。スピナッツのバックナンバーに特集が組まれているのでいずれ読んでみたい(洗剤でかいわれ大根の発芽実験もしました、という記述が気になります)
とはいえ、よほどのことがなければ、これからも粉石けんを使用すると思う。
セスキ併用も試してみようー。

次へのメモ
・(今回より泡をたっぷり立てて)つけおき時間を短くしてみる
 あるいは、セスキを足して石けんを減らす
・温度が高すぎた。50度くらいにしてみる



洗うとこんなにキレイになるのかあ…
……シロのことも洗ってみたいなあ。ものすごく。

Comments:2

うき URL 2008-10-23 (木) 16:34

こんにちは、はじめまして。
ラベリーから着ました。
マジャクラフトの紡ぎ車、良いですよ~、メンテナンスがほとんど要らないので。

フェルト化を心配されているようですが、写真で見る限り、フェルトになってませんよ。
フェルト化するとがちがちで指で解すのが辛いくらいです。
もし、クリンプスを完全に残したいのなら、グリージーの時に一つづつ抜いて、ざる等に並べて触らず洗うっていう方法があります。
ポンタさんの本の洗い方ではどうしても沢山触ってしまうのでクリンプスは解けやすいし、フェルト化し易いと思います。
どの方法が一番ってことは無いので、他の方の洗い方も知るといいかも、ですよ。
お察し通り、練りモノゲンは合成洗剤です。
脂落としは一番有効とスピナッツにありました。
昨年のスピニングパーティーではサンダーレッドという粉石けんが出ていました。脂の落ちがよいすです。アルパカ牧場さんが使っているらしいですよ。
お湯の温度、羊毛の脂の量で設定します。
熱いと毛のダメージが大きいし、低いと脂が落ちずらく、染色をするときに色が入りません。
兼ね合いが難しいです、メリノなんて私には洗えません。
すすぎ時のクエン酸も効果ありだそうです。
私は粉石けん派なのですが、羊毛洗いはモノゲン使っています。
ああ、長々とごめんなさい。

私の周りでマジャクラフトを使っているのが売主ともう1人しかしらなくて、嬉しくてついつい要らぬおせっかいをしました。
知れば知るほど奥が深くなって行きますよ、楽しんでくださいね♪

n URL 2008-10-23 (木) 18:58

はじめまして、うきさん。コメントありがとうございます。
フェルト化していないって言っていただけて、ほーっと胸をなでおろしました。そうか。。フェルト化してるとほんとに崩すのが辛いくらいになるんですね。
クリンプスを残す洗い方を教えて頂けてうれしい! でもやはり、それなりに手間がかかるのですねー。これからいろいろ試してみなくては。
合成洗剤は全部無条件にダメ!と思っているわけではないのですが(ケースバイケースだと思うし)、長年の習慣もあり、使うならば成分の詳細を知りたくて。今分かっているだけでも、説明によれば純せっけんと同じくらいの量を使うらしいので、それなら純でいいか…と今は思っていますが(純だって使いすぎたら意味無いですもんね)、少しずつ効果的な納得できるやり方を見つけていけたらと思ってます。
(ちなみにうきさんは何故羊毛のみモノゲンなのでしょう…?)

スピニングパーティのとき、サンダーレッドのパンフをもらったなあ、と探してきました。大豆油の純石けんなのか。。売りは低い凝固点ていうところでしょうか。大豆油石けんは未体験なので、いつか試してみたいです。
ん! サンダーのパンフに、羊毛洗いのときは、高めの温度でつけおき15分とあるのを見つけました。やっぱり中性じゃないのに羊毛を1時間以上浸けたら、ダメージ大きそうですね。

それから…紡ぎ車。うきさんのブログを拝見しました。同じです! まだ届いていないのですが。
青島さんのところに試しに行ったら、もう好きになっちゃって、どうしようもなかった。。もう少し悩むつもりもあったのに、即決でした。
今ですら、もう奥深さにおぼれそうになってます。気を付けないとは思うのだけど。わからないことが多すぎてまだ楽しい、て思えないくらいです。
あまり急ぎすぎず、楽しめたらいいなあと思っています。
これからもいろいろ教えて頂けたらうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

Comment Form

Home > spun and dye > 初洗い

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。