Home > スポンサー広告 > フリース洗い_2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > フリース洗い_2

Home > spun and dye > フリース洗い_2

フリース洗い_2

今日の朝、前日は洗いなおし決定と思っていた白いクロスブレッドを調べていて、
思ったほど脂分も残っていないし、汚れもそれほどではなく、カーディングすればほぼゴミも気にならなくなる、ということがわかった。
それで、あまり羊毛を痛めるのもなんだし、洗い直しするのはやめにした。

昨日は半乾きだったから、手がべとべとするような気がしたのだろうか? 今日触ったら、ほとんど脂を感じず、チョコに至っては洗いすぎのようなパサパサした感じすらした。
うーんー すすいでいるときは、2回洗ってもまだ手がぺとぺとしていたのに。見極めが難しそう。

フェルト化を心配していたけど、手持ちの「洗い済み」で購入した羊毛と見比べてみても、特に硬いところも無いし、ひっぱればほぐれるので、大丈夫だったみたい。もう少しだけなら洗うときに触ってもいいのかもしれない(毛先をもう少し洗いたい)。


ホームスパンの技法入門 三枝古都 p.34 羊の不純物を除去する方法-洗毛の実際より
(洗液に浸けて)…30分位たったら脱脂状態を調べます。羊毛を少しちぎって温湯でゆすぎ、手で握って絞り、手を開いた時ふわふわとふくらんで、色がすっきりと白く、艶があって、手がべとつかないようだったら脱脂できていると見なしていいのです。
脂肪が残っていると手がベトつくばかりでなく、弾力も艶も悪く、何となくうす汚れた冴えない色をしています。もし、わかりにくければ火気で乾燥して見れば確実に判断できます。

- - -

夕方、白の残り700グラムのうち、半分の350グラムを洗ってみた。
前日の結果を踏まえ、一回洗いで済ませるため、洗剤の量を10パーセントに増やす。

洗いメモ クロスブレッド白 2回目 約350g
・予洗い 45度で5分x2回(今日は汚れも臭いもすごい部分なので)
・本洗い(1) 粉石けん10%、助剤として重曹5% 60度で2時間
→ 脱脂状態がたりず洗液も力をだしつくした様子なので
・本洗い(2) 中性洗剤5% 40度で2時間 /その後汚れているところを念入りにつまみ洗いで洗った
・すすぎ 40度で2回
・脱水3分

一回洗いですまそうというのは無理があったか…
それならと、多少のフェルト化を覚悟して、念入りに毛先の汚れを落とすことにした。できるだけ動かさないようにしたけれど、脱水後広げるとき、いままでにない塊ができている部分があった(3箇所くらい)。たぶんこれがフェルト化なんだろう。
でも念入りに汚れをおとしたおかげで、前回よりずっと白くてふわーーとした洗い上がりな気がする。洗う前は、前回よりずーーっと汚れていたのに! ちょっとうれしい。

Comments:0

Comment Form

Home > spun and dye > フリース洗い_2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。