Home > スポンサー広告 > 撚りどめ、番手計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

runchan URL 2008-11-11 (火) 15:31

ひゃー!可愛い糸だねぇ、もちろんどちらも。
「ニッティノッティ」という名前の道具、こんなのあるんだねー。知らなかったよ。奥深いなぁ。道具を揃えていくのも楽しそうだ。あいやー、禁断の世界を覗いてしまった感じがして危険だわ(笑)
写真で見ると太い番手なのかな?と思ったりするけれど、実際はどのくらいなのか気になる!

n URL 2008-11-11 (火) 18:01

糸、見てくれてありがとう。
ニッティノッティ(カセ上げ棒)なんてわたしもこないだまで知らなかったよー。知らない道具に知らないことだらけだよ。
糸番手、計算してみたよ。太いほうで、1グラム=1メートルだった。でもゲージを出してみるまではわかんないよねえ。たぶん棒針で編むなら6ミリくらいかなと思う。チャーなら7ミリかも。市販の糸より、太い感じがする。

うき URL 2008-11-12 (水) 10:25

かわいいですねぇ。ピンクとターコイズ、私も好きな組み合わせです。
市販の糸に比べて見た目より細い時もあるのでゲージ取りの時に風合いを考えるといいですよ。
撚り止めは時間をみるよりお湯が完全に覚めてから糸を触ったほうがいいですよ。
フェルト化するとせっかくの柔らかさが無くなってしまう恐れありです。

n URL 2008-11-12 (水) 22:30

こんばんは、うきさん。
「見た目より細い」っていうのは、つまり、ふくらんでみえがち、ってことですか? 見た目で例えば針サイズ5ミリが適正に見えても、実は4ミリぐらいが合う、というような。
このあとさらに柔らかいけれどロープのような糸ができたりして、やはり先生が必要かな…とまた頭を抱えています。
撚りどめのアドバイスありがとう! ありがたいです。参考になりました。

Comment Form

Home > スポンサー広告 > 撚りどめ、番手計算

Home > spun and dye > 撚りどめ、番手計算

撚りどめ、番手計算

前回の続き。
カセ上げして、撚りどめしました。

今回の撚りどめ
・40度のお湯に30分漬ける。
・軽く脱水して(水がしたたるくらい残して)干す。


1)今回紡いだ糸どうしを撚りあわせた糸
78g / 78m  (1/1)1番手 (2/2)2番双糸
共通番手と毛番手、どっちで書いたらいいかわからない。どっちにしても、糸の太さにムラがあるから、あんまり意味は無いのはわかってるんだけど… 

水通しするとよりが少し戻る感じがする。少し毛羽立つ。ふっくらする。
ボビンのときより感じがいい。

081110_11



2)↑の残りを、手持ちの細い糸とよりあわせた糸
50g / 75m  (1/1.5)1.5番手 (2/3)3番双糸
ふっくらしたりよりが戻るように感じるのは同じ。

081110_09

並べてみると、、ボビンのときは、下の方がかわいく見えたのだけど
やっぱり、下のは適当感がばりばりに出ちゃってて、上のほうが好きだった。
(でもノットを作ってみたりした部分はふっくらして、可愛くなった)


081110_12

カセ上げは、こういう木の枠(ニッティノッティという名前)に巻きつけてやります。
一周だいたい150センチ。
何回巻き付けたかで、毛糸の長さを出し、重さも量って、番手を出します。



毛番手の場合
1m = 1g = 1番手
10m = 1g = 10番手

今回は双糸だから、毛番手と共通番手を一応だしておこう
毛番手はわかりやすい。綿とか麻だとピンとこない…
参考:アヴリル 糸のノート 「p19 糸の番手」 「p22 羊毛の番手と糸の番手」

番手は、どういうふうにつけていこうかなあ。
昔、仕事で使っていたときは、たしか、
毛は毛番手で、綿とか麻は共通番手で、やっていたような気がするんだけど。
双糸とかミッコとか、あんまり気にしてなかったなあ… とくに綿とかは。






ねじってカセにしたところ
こういうのに憧れてたのでやってみたかったのだ

081110_08


Comments:4

runchan URL 2008-11-11 (火) 15:31

ひゃー!可愛い糸だねぇ、もちろんどちらも。
「ニッティノッティ」という名前の道具、こんなのあるんだねー。知らなかったよ。奥深いなぁ。道具を揃えていくのも楽しそうだ。あいやー、禁断の世界を覗いてしまった感じがして危険だわ(笑)
写真で見ると太い番手なのかな?と思ったりするけれど、実際はどのくらいなのか気になる!

n URL 2008-11-11 (火) 18:01

糸、見てくれてありがとう。
ニッティノッティ(カセ上げ棒)なんてわたしもこないだまで知らなかったよー。知らない道具に知らないことだらけだよ。
糸番手、計算してみたよ。太いほうで、1グラム=1メートルだった。でもゲージを出してみるまではわかんないよねえ。たぶん棒針で編むなら6ミリくらいかなと思う。チャーなら7ミリかも。市販の糸より、太い感じがする。

うき URL 2008-11-12 (水) 10:25

かわいいですねぇ。ピンクとターコイズ、私も好きな組み合わせです。
市販の糸に比べて見た目より細い時もあるのでゲージ取りの時に風合いを考えるといいですよ。
撚り止めは時間をみるよりお湯が完全に覚めてから糸を触ったほうがいいですよ。
フェルト化するとせっかくの柔らかさが無くなってしまう恐れありです。

n URL 2008-11-12 (水) 22:30

こんばんは、うきさん。
「見た目より細い」っていうのは、つまり、ふくらんでみえがち、ってことですか? 見た目で例えば針サイズ5ミリが適正に見えても、実は4ミリぐらいが合う、というような。
このあとさらに柔らかいけれどロープのような糸ができたりして、やはり先生が必要かな…とまた頭を抱えています。
撚りどめのアドバイスありがとう! ありがたいです。参考になりました。

Comment Form

Home > spun and dye > 撚りどめ、番手計算

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。