Home

pink 3rd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄色のAimee

  • 2008-11-13 (Thu)
  • knit
081113_07

Started November 8 2008 - Completed November 10 2008
Pattern : Aimee by Kim Hargreaves
Size : XS - S
Needle : 5.5 mm
Yarn : Kid Silk Mohair (Lace / 2 ply) With 2 strands of yarn held together

葡萄色!

more

ふうー

  • 2008-11-13 (Thu)
  • days
昨日から、手紡ぎセータープロジェクトをはじめました。制作日記は別カテゴリで書くつもりで、これはただの日記。


more

撚りどめ、番手計算

前回の続き。
カセ上げして、撚りどめしました。

今回の撚りどめ
・40度のお湯に30分漬ける。
・軽く脱水して(水がしたたるくらい残して)干す。


1)今回紡いだ糸どうしを撚りあわせた糸
78g / 78m  (1/1)1番手 (2/2)2番双糸
共通番手と毛番手、どっちで書いたらいいかわからない。どっちにしても、糸の太さにムラがあるから、あんまり意味は無いのはわかってるんだけど… 

水通しするとよりが少し戻る感じがする。少し毛羽立つ。ふっくらする。
ボビンのときより感じがいい。

081110_11



2)↑の残りを、手持ちの細い糸とよりあわせた糸
50g / 75m  (1/1.5)1.5番手 (2/3)3番双糸
ふっくらしたりよりが戻るように感じるのは同じ。

081110_09

並べてみると、、ボビンのときは、下の方がかわいく見えたのだけど
やっぱり、下のは適当感がばりばりに出ちゃってて、上のほうが好きだった。
(でもノットを作ってみたりした部分はふっくらして、可愛くなった)


081110_12

カセ上げは、こういう木の枠(ニッティノッティという名前)に巻きつけてやります。
一周だいたい150センチ。
何回巻き付けたかで、毛糸の長さを出し、重さも量って、番手を出します。



毛番手の場合
1m = 1g = 1番手
10m = 1g = 10番手

今回は双糸だから、毛番手と共通番手を一応だしておこう
毛番手はわかりやすい。綿とか麻だとピンとこない…
参考:アヴリル 糸のノート 「p19 糸の番手」 「p22 羊毛の番手と糸の番手」

番手は、どういうふうにつけていこうかなあ。
昔、仕事で使っていたときは、たしか、
毛は毛番手で、綿とか麻は共通番手で、やっていたような気がするんだけど。
双糸とかミッコとか、あんまり気にしてなかったなあ… とくに綿とかは。

more

双糸にしてみる

081110_01

前回の続き。
単糸に紡いだものがボビンに2コ分たまったので、双糸にしました。

まず上の写真のボビン。
今回染めたクロスブレッド(ピンク~紫のグラデーションのと、水色の濃淡)を適当につないで、あいだにときどき染めていないグレーや白のゴットランドやペレンデールも入れて紡いだ単糸を、普通に双糸にしたもの。(ゴットランド、ペレンデール、クロスブレッドはいずれも羊の名前です)




それと、これ
↑を双糸にしたあと、片方のボビンの単糸が余ったので、手持ちの細い糸を相手に双糸にしてみたもの

081110_02

相手に使ったのは下の二種。
(左)パサパサした生成のモヘアと、(右)ラメ入りの細い白。

081110_03 IMGP0275

こっちのほうは遊びと練習を兼ねて、双糸にしながら、ゴットランドのふわふわした毛を挟み込んだり、細い糸と紡いだ糸をめちゃくちゃに絡ませたりしてみた。ら、なんだか下のほうがかわいい糸になってるような…気もする。。

これからカセ上げして、撚りどめしてみます。

more

カーディング、はつ紡ぎ

081108_09


カーディングして紡ぐ練習です。
前回染めたピンクのを中心に。

カーディングは、一度習いに行ったものの、あまり楽しくなくて(え
そのままになってました。楽しくないのは下手だから、だろうな。
今回は、練習なので、楽しくなくてもすこしがんばってみます。

081108_08

わたしのハンドカーダー。名前はピピー(そういう名前で売ってる)

081108_07

まずは解毛(かたまっている毛を手でほぐす)

081108_05

カーダーの上にひっかけるように乗せる(3グラムくらいと教わったけど、どうがんばっても1グラムから2グラムしか乗せられなかった)

081108_04

カーダー二つを使って乗せた毛を梳く。2回くらい梳き終わったところ

081108_10

毛を外して、細い棒を使ってくるくる丸めると、ローラグのできあがり



081108_02

紡いでみた。糸車は昨日来た。
まだ使い方すらちゃんとはわかっていない…。付属のマニュアルを読みつつやってみてます。

で、紡いでみて、わかったこと。
・染め段階で失敗したら(フェルト化させたら)いくらカーディングしても、状態の良い毛にはかなわない。ものすごーく紡ぎにくい。
(カーディングが下手であるということを差し引いても)別の状態の良い羊毛を同じようにローラグにして紡いでみたらびっくりするほど紡ぎやすかった。
・すでに太い糸が紡げなくなってるような…。超低速にして、ゆっくり太く!とがんばっても、思う太さにするのがとてもむずかしい。


とはいえ、とーーーっても楽しいです。糸車、やっぱりこれにしてよかった!
あんまり素敵で、まだ自分のものじゃないみたい。

Alpaca Cable Socks

  • 2008-11-06 (Thu)
  • knit
081105_04

Started October 30 2008 - Completed November 2 2008
Alpaca Cable Socks
Needle : 3.25 mm
Yarn : Teami Tengoku Alpaca / 501 Gray / 2 skeins = 273.4 yards (250.0m)

あやこさんのためのグレーの靴下。アルパカ100%の糸で編みました。
耐久性は低いかもしれないけど、暖かさ重視で。
あと、気持ちよさも。
編み目が全然揃わなくて、残念だが、こんなもんだろう、わたしの実力では…。

more

フリース洗い_3 & ピンクと水色の染め

クロスブレッド白、最後の400グラムを昨日洗った。
さすがに馴れてきたような気がします…いちばん最初よりは、ということだけど

洗いメモ 白 3回目(終) 約400g
・予洗い 45度で5分 x 2回(汚れも臭いもきついので。ただ、派手に泥水化するのはこの時点で終わりで、ここをしっかりやっておくと本洗いで脱脂に専念できるようだ)
・本洗い 粉石けん10%、助剤として重曹5% 60度で4時間
→今回は期せずして時間が経ってしまった。ホームスパンの技法入門(引用)を参考に一房調べてみたら、よさそうだったので、毛先や気になる汚れだけ洗い、終了とした。
・すすぎ 40度で3回(最後のすすぎのとき衣類用リンス(クエン酸入りの液体状のもの)
・脱水3分

→乾燥させると、まあまあふんわり洗えているように思う。黄ばみも無く真っ白。1回目、2回目より柔らかい。リンスが効いているのかな。

- - -
- - -
- - -

今回はここで、200グラムほど取り分けて、染めることにした。
染めメモ ピンク+青
・染料 羊毛の4%
・クロスブレッド白 約200グラム

・予浸はシャンプーを少しだけ入れて40度で30分くらい、軽く水を切って、鍋に入れ、羊毛がはみ出さない程度の量の40度程度のお湯を入れる。熱湯で溶いてさましておいた染料を適当にかけて弱火で30分+30分。火を止めて冷めるまで放置

081105_03

染め上がりピンク x 青、こんな感じ。以下失敗メモ
・ほんの少し入れたかった青は、今回もピンクに浸食されて全て紫となった
・ピンクと青を使ったのだけど、溶かしたときは普通に溶けたのに、しばらくおいておいたらピンクがダマダマになっていた
・色が思っていたより入らなかった。脱脂が足りなかったのか、単に染料が足りなかったのか…でも鍋の水は全然透明にならなかったし、すすぎでだいぶ色落ちしたので、脱脂不足と酸が足りないせいかなーと想像
・かなりフェルト化。がっちり固まっている部分をほぐす労はかなりのもので、ほぐれたとしても「うまくいった洗いのみの毛」とは似ても似つかない、ごわごわとした感触。確かに泣けてくる。

- - -

↑が失敗に終わったので、さらに別の色で染めてみた。
急ぎすぎた気もするけど、なんでもいいから何か納得したかったのー あまりにも空しくて

染めメモ 濃いめのみずいろ+青緑
・染料 羊毛の4%
・クエン酸 小さじ2 (クエン酸でいいのかどうかは実はわかっていない…家にある酸がそれしかなかった)
・クロスブレッド白(2回目に洗った毛、一番脱脂されているはず) 約100グラム 

・予浸はシャンプーを少しだけ入れて40度で30分くらい
・水量は羊毛の15倍量(100g x 15 = 1.5リットル)40度程度
・熱湯で溶いてさましておいた染料を適当にかけて弱火で30分+50分。火を止めて冷めるまで放置
・クエン酸は最初、染料に混ぜたけれど、30分+30分の時点で染液が相変わらずたっぷり色つきなので、小さじ1追加した

今の時点でわかってる失敗
・鍋の中で染料が混ざりきってしまった。染料をしゃぶしゃぶに溶きすぎたのか、まだ水が多いのか… クエン酸は何かの役に立ったのか…(下調べ不足でした

染め上がり後
・40度くらいに冷めた時点で水色(すいしょく)をチェックしたら、かなり色が薄くなっていたー! クエン酸効いてくれたんだ… うれしい。

081106_02

乾いたところ。
二色使ったとは思えないけど、もともとそれほど違った色味ではないので、ひどいことにならなくて、、良かった、と言っておこう。一色の濃淡染めになった。
クエン酸を入れる前とくらべると、明らかに色が入っているので、効いたんだと思う。
フェルト化は一部あったけれど、ピンクのに比べるとだいぶましで、全体としては柔らかくて毛のツヤも失われてなくて、ほっとした。

まとめ(というか実感)
・脂分がきちんと抜けてないと、色はほんとうに入りにくい
洗う前に、めんどうでなければ、ステープルをある程度バラバラにしておけるとあとの扱いがラクになる グリージーの段階でバラバラにするとめんどうだった そのまま洗って解毛時まであまり触らないほうがいい
・フェルト化対策は… あわてないこと! でもさっさとやること。

染めたので、次は少し紡いでみることにします。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。